美容師求人

美容師の求人募集の悩み

美容室の求人募集で、求職者の辞退をなくす方法

面接辞退は美容業界に限らず、採用活動を行っている企業側が抱えている課題になっています。 応募者との信頼関係を築き、辞退を減らしていくために企業が行っているポイントを紹介していきます。
美容師の求人募集の悩み

美容室のスタッフを『効果的』に募集する方法は?

美容師の求人募集の方法は、大きく分けて情報誌、インターネット、紹介などがあります。 紙面媒体を使った求人フリーペーパー、専門誌、新聞、貼り紙など。専門誌などは基本的に掲載料が必要です。 美容師の求人の場合、現在も紙面が主流のエリアも地方を中心に見られます。
美容室の開業

美容室を開業する時の総資金の考え方

実際に開業をお手伝いしていく中で必ず質問する事があります。 「開業資金、いくらで考えていますか?」 この質問をすると、様々な金額が出てきますが、多くの方に感じるのは、その金額でほんとに開業できますか?という疑問です。 今回の記事は、総資金の考え方について詳しく書いていこうかと思います。
美容師の求人募集の悩み

美容室で新卒生を採用するためにできること

美容室の数は全国で「約25万店」あります。そして年間約3000店が新しく出店しています。 しかし、美容師免許を取得した者は「約14,000人」 新卒生が就職活動をする際、美容室の数と新卒生を比べると新卒生1人につき10〜30社の美容室から選ぶことができます。
美容師役立ち情報

美容室にホームページが必要な理由

美容室にとって価値あるホームページとはなんですか? ホットペッパーなどに掲載されているから自社サイトは必要ないと思っていませんか? 今回は、美容室にとって価値のあるホームページを作るため、制作会社と作り上げていく上で知っておいたほうがいい知識・注意点・運用方法などを説明します。
美容師求人

美容師求人は難しい?!今どんな取り組みをしていますか?

いつからか美容業界は「求人難」と言われていています。 実際思ったような求人・増員・補充ができているサロンは少ないのではないでしょうか? 必ず集まるという保証があるわけではないのですが、参考にしてくだださい!
コラム

美容室の共同経営を始める前にやっておくこと

ここ数年「美容室の共同経営」が増えてきたように思います。 これから共同経営を考えている美容師さんもいらっしゃるかもしれません。 美容室の共同経営はメリットもあればデメリットもあります。 現在共同経営で運営している美容室経営者の状況や問題点などを 詳しく紹介していきます!
美容室の経営

美容師に向いている副業って?

美容師に限らず副業をされている方も多いようですが、皆さんはどうでしょう? 本業とは違う収入源があることは安心感に繋がり、いざという時には支えになり得ることなので、新たなスタンダードになりつつありますよね♪ 今回の記事は、そんな副業に対する知識、考え方の参考になればと思っています。
美容師の求人募集の悩み

美容室の求人票を求職者により効果的に伝える方法

現在は、残念ながら美容求人広告に費用をかけるだけでは結果(採用)に至る時代ではありません。 文章や動画、SNS投稿など使えるツールを活用して、いかに自社の強みや魅力を伝えていくか、今の求職者が求める情報を的確に、ギャップの無いように伝えていくことが大切です。
タイトルとURLをコピーしました